トップページ > 若い人たちにはない、60歳を超えたからこそできるセックスの極意

絶頂に達することがセックスではない。寸止めの極意

だが、「週に何回」「月に何回」という項目において「何回」の定義づけをした上での質問は、私が見聞きした範囲ではなかった。回数とは何か、は性行為とは何か?という見解にもつながるが、意外にも確認されていない感がある。だからこそ、この質問を最初に置いた。Q1「週に何回」で考えますか。「月に何回」といった言葉が聞かれます。男性の射精回数……364人(男260人女104人)2女性のエクスタシーの回数……42人(男18人女24人)一晩(1回の同袋)の数字……506人(男175人女331人)1と2以外で自分が満足した回数……45人(男20人女25人)。

1と2以外で相手を満足させた回数……39人(男27人女12人)その他……4人(男0人女4人)「一晩(1回の同袋)の数字」が全体の過半数で、トップを占めた。特に、女性の回答数では、66・2%と過半数を大きく上回った。男性では「男性の射精回数」が準じるが、こちらは男性の回答では52・0%と過半数を占めつつ、女性でも20・8%と2割を超えたのが興味深い。ここから垣間見えるのは、男性と女性のセックスに対する考え方の相違だろう。男性は性行為に対する考え方が「自分本位」であり、女性は協調性、絆を重視している、と言えるのではないだろうか。

その他の欄では61歳の女性が、「性行為の回数などと問題にするのは違和感がある」と記していた。なるほど。互いに創り出す時間を回数云々で決めたくない、という女性らしい視座と言えそうだ。60歳以上の5割が現役!回数についてに続き、以下の問いで性行為の頻度について答えてもらった。前出の回答が示すように、回数に関してはそれぞれの考え方があるが、過半数を超えた「一晩(1回の同会)の数字」を目安にして、60歳以上の現役率を把握してみようという試みである。

二・三年ほど前から読書にハマっているんですが、最近読んだなかで一番面白かったのは某有名女流作家のミステリー。なんと主人公が毎日上野デリヘルで働く女性。一気に読んでしまいました。
お金がある時などは女の子の同伴要請に応えてあげましょう。可愛い小山 話し上手キャバクラ嬢と昼間からデート出来るんですから安いものです。貴方への高感度もアップすること間違いなしです。
寂しく感じる時はいつも家に呼んでしまいます。それはユニークなデリヘル 池袋の女の子です。私は全くもてないのでこの子達にいつも相手してもらっています。これで次の日もがんばれています。

What's New
2014/08/25 注目情報を更新しました。
2014/08/21 新着記事を更新しました。
2014/08/20 セックスの頻度を更新しました。
2014/08/17 寸止めという極意を更新しました。
2014/08/15 高齢者の出会いを更新しました。
2014/08/13 60歳以上の現役率を更新しました。
2014/08/12 若い人たちにはない、60歳を超えたからこそできるセックスの極意を更新しました。
2014/08/09 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
コンプリートラウンジ風俗ライフ激安風俗マニアックス
簡単に風俗情報を検索できるポータルサイトです。渋谷、新宿を中心に首都圏の風俗情報をリアルタイムで更新中!一万円(10,000円)以下のフーゾクをご紹介します。